一人暮らしの狭い部屋でも家具の選び方や工夫次第で快適な広々空間になります。

部屋を広く見せるには

快適な部屋で一人暮らしを楽しむ人

一人暮らしをするにあたり、広いお部屋に住みたい!と思っても家賃や交通の便などの関係で狭いお部屋を借りざるを得なかった・・・という状況はありがちですよね。
しかし、狭いながらも自分の大事なお部屋なので、少しでも広く見せて快適に過ごしたいものです。
そこで、ここでは狭いお部屋でも広く使う方法をご紹介します。

 

テーブルはできるだけコンパクトに

食事をしたり飲み物を置いたりするのにテーブルは必需品です。
しかし、大きなテーブルは場所をとってしまうので、できるだけコンパクトなものを選びましょう。

 

ソファベッドにする

ベッドはどうしても場所をとってしまうものです。しかし、布団にしてしまうと布団をしまう場所が出来ずに生活感丸出しになってしまい、なんだか野暮ったい感じになってしまいます。
また、ソファなどの椅子が欲しくても、置く場所がなかなか取れませんよね。
そのような場合はソファベッドを置くと、ベッドとソファの1台2役として使う事ができます。

 

ロフトベッドにする

ロフトがある部屋であればその場所をベッドにすることが多いかと思いますが、ロフトのないお部屋もあります。
その場合はロフトタイプのベッドがおすすめです。下のスペースを活用する事が出来ます。

 

ベッドの下を収納にする

狭い部屋ではどうしても収納に悩んでしまいがちです。ウォークインクローゼットのような収納が付いている事もありますが、それだけでは足りないことも十分にあり得ます。
その場合は、ベッドの下に収納ケースを置いてみましょう。ネット通販などで安くで購入する事も出来ます。
シーズンオフの服など、頻繁に出し入れする必要のないものを収納しておくとよいでしょう。

 

家具の色を揃える

一人暮らしの家具選び

家具やカーテンなどの色を揃えると全体的に統一感が出て、部屋の印象をスッキリさせる事ができます。
あまり多くの色の家具を購入しないようにしましょう。
また、背の高い家具は圧迫感を与えてしまうので、できるだけ背の低いものを選びましょう。

 

物があふれるときには思い切って断舎利を

収納が上手く出来ずに物があふれてしまうときは思い切って断舎利をしてみましょう。
断舎利をするポイントは「どのくらい使用していないか」です。
ここ数年使用していないものは、とりあえず処分をせずにある程度過ごした後、必要ないと思えたときに処分するとよいでしょう。