一人暮らしは、生活の工夫で光熱費などが節約できます。

一人暮らしの節約

 

電気代の節約

 

リビング

待機電力を減らすために、使っていない電化製品のコンセントはできる限り、抜くようにしましょう。節電タップを利用するのも良い方法です。

 

節電

また、テレビやパソコンは、つけっぱなしにせずに、使用しない時は電源を落としましょう。

 

エアコンの設定温度は、28度を目安に、冷やし過ぎは、消費電力が上がる原因です。冬場は、圧でのカーテンをしめる、暖かい服装をするなどして、エアコンの設定温度を低くしましょう。

 

エアコンの使用時間を短縮することが、最も節電になりますが、熱中症などの恐れがあるので、上手につけたり消したりしましょう。

 

どうしても暑い時は、図書館などに避難するという手もありますね。

 

 

 

キッチン

一人暮らしの食生活に欠かせない電磁調理器や電子レンジは消費電力が大きいので、ガスで調理しましょう。

 

冷蔵庫は、詰め込み過ぎたり、冷蔵庫のドアを開けっ放しにしたりすると、冷蔵庫内の温度が下がらなくなってしまうため、冷蔵庫が稼働する率が上がり、消費電力が増えてしまいます。

 

キッチンと浴室にあるガスのパネルで、自動的に消灯しないタイプのものは、毎回スイッチを切るようにしましょう。

 

 

洗濯

毎日洗濯せずに、2・3日分まとめて洗濯しましょう。
また、乾燥機は消費電力が高いので、ある程度乾かしてから入れるようにしましょう。

 

 

 

 

ガスの料金の節約

 

浴室

一人暮らしの場合、浴槽に湯を張って入浴するより、シャワーの方が、ガスの料金を節約できます。シャワーも、ずっと出しっぱなしにせずに、まめに止めるように使うと、ガスの料金だけではなく、水道の料金も節約できます。

 

 

キッチン

ガスコンロは中火で使いましょう
火力を高くすると、ガスの料金も上がります。

 

また設定湯音を23度にしておきましょう。

 

高くすればするだけ、ガスの料金が上がります。

 

また、長時間使わない時には、電源を落として、湯音を維持するためのガス台がかからないようにしましょう。

 

 

>>一人暮らしのトラブル対処法はこちら<<