1Rと1Kの違いを知って、生活スタイルに合わせた部屋を選びましょう

1Rと1Kの違い

一人暮らし用のワンルームの部屋

一人暮らしをするときに多くの人が選択するのがワンルームのお部屋です。不動産会社などをインターネットで検索すると、ワンルームは1Rや1Kと表示されます。
表記が違うということは1Rと1Kには違いがあるのですが、どのような違いがあるのでしょうか?
深く考えずに同じものだろう、と安易にお部屋を決めてしまうと後々後悔するかもしれません。これから自分が生活をしていく場所なので、できるだけ納得できる物件を選びましょう。
ここでは1Rと1Kの違いをご紹介します。

 

1Rと1Kの違い

1Rとはその名前が示すとおり、「ワンルーム」「1つの部屋」です。要するに部屋に全く仕切りがない状態の物件を指します。
1Kとはキッチンとリビングが分かれているものを指します。キッチンとリビングの間に扉などの仕切りがあり、きちんと区別できる間取りになっているものです。
1Rの場合に注意したいのが「部屋の広さ」です。物件情報の間取り図を見ると、リビングの大きな空白部分に広さが記載してあります。
例えば「洋6」と記載されていた場合、多くの人が「リビングが6帖」であると思ってしまいがちですが、実はキッチンの部分も含めて6帖なのです。
1Kであればキッチンとリビングが独立しているので、「洋6帖」と記載されていればリビングの部分だけで6帖あることになります。
また、部屋が狭い分、1Rの方が1Kよりも家賃が低く設定されていることがほとんどです。

 

1Rと1Kどっちがおすすめ?

1Rと1Kどちらがよいか考える人

1R
  • キッチンとの仕切りがないため、料理をすると部屋に臭いが充満してしまいます。よく自炊をするのであれば1Kの方がよいかもしれません。
  • キッチンだけでなく、お風呂の湿気や音、トイレの臭いや音、冷蔵庫の音などが気になる方も1Kのほうがよいかもしれません。
  • 1Rは玄関までつながってしまっているので、エアコンの効きがよくないことも考えられます。
  • 家賃が安いのが大きな魅力であり、仕切りがない分部屋が広く感じるというメリットもあります。
1K
  • キッチンとの仕切りがあるので臭いや湿気に気を配る必要がありません。
  • 仕切りがあるおかげで玄関から部屋が見えないので、宅急便など急な来客がきたときに部屋を見られなくて済むというメリットもあります。
  • 家賃は比較的高いでしょう。
  •  

    このような状況を踏まえて、自分の生活スタイルに合ったお部屋を選ぶようにしましょう。