生活費のやりくりをきちんと考えないと、給料日前にはお金が無い…なんてことに!

一人暮らしのデメリット

 

一人暮らしは自分の自由を得られるというのが最大のメリットですよね。
しかし、一人暮らしにはデメリットもあります。
メリットとデメリットをよく考えた上で一人暮らしを行いましょう。

 

 

お金がかかる

一人暮らしを始めるときには、部屋を賃貸する為の敷金や礼金や家賃を支払わなくてはいけません。また、部屋の中におく家具や電化製品も購入する必要があります。

 

平均的にこれらの初期費用に約60万円前後の金額が必要になります。
一人暮らしを始めると、住居の賃貸費、食費、光熱費などさまざまな費用がかかってきます。

 

一人暮らしのデメリットは費用

そうなってくると生活費のやりくりをきちんと考えないと、給料日前にはお金が無い…なんて事にもつながりかねません。

 

また、生活費のやりくりが上手くできず、貯金が出来なかったり、遊ぶためのお金が作れない事もあります。

 

経済的に余裕ができるように、自分できちんと管理できるようにしましょう。

 

 

他に誰もいない

一人暮らしなのだから当たり前なのですが、家には自分以外誰もいません
そのため病気になったときには一人で対処しなくてはいけなくなります。

 

また、一人だから、と食事や睡眠時間がおろそかになり、生活習慣が乱れ、健康を崩してしまう可能性もあります。

 

一人で暮らしていると、特に人と会う予定が無ければ、話し相手もいないまま一人で過ごすことになります。最初はそれが開放的に感じる事が出来ても、次第に寂しさが募っていく事も考えられます。

 

 

家事をする必要がある

掃除や洗濯や料理やごみ捨てなどをすべて一人でこなさなければならない必要があります。

 

これらをきちんとこなしていかなければ、あっという間に汚部屋になったり、食生活が乱れたりします。きちんとスケジュールを組むなどして家事をこなせるようにしましょう。