帰宅が遅くなる時には洗濯物は室内に干し、カーテンを閉めておくようにしましょう。

一人暮らしの防犯

 

一人暮らしは期待と共に不安も入り混じるものです。

 

特に一人暮らしの場合、不在の時間などライフスタイルが外部に悟られやすく、空き巣などのターゲットにされやすくなってしまいます。

 

そのため一人暮らしをするときには防犯をきちんとしておく必要があります。

 

 

借りる部屋の防犯をチェックする

一人暮らしをするとき、大抵の人は集合住宅を探しますよね。
部屋を探す際に気をつける事がいくつかあります。

 

一人暮らしの物件探しのチェック項目

2階以上であっても、ベランダが外から死角になっていたり、何かが足場になって上りやすくなっていないか、オートロックであっても安心せず、駐車場や駐輪場やエントランスなどに監視カメラがあるか、などをチェックしましょう。

 

また、モニター付きインターフォンであると、来客を確認できるので安心です。
特に録画機能がついたインターフォンであると、不在時に訪れた人を確認できて便利です。

 

エントランスに宅配ボックスがある場所であれば、荷物を直接玄関で受け取らなくてもよいので便利です。

 

集合住宅自体だけではなく、その周辺の環境をチェックすることも大事です。

 

夜間でも人通りがあり明るい道か、周辺にコンビニなど24時間営業のお店や、交番など何かあったときにすぐに駆け込める場所があるかどうかなども確認しておきましょう。

 

 

一人暮らしの防犯対策

部屋の窓にかけるカーテンは「遮光カーテン」にし、外から中を覗けないようにしましょう。
帰宅が遅くなるときには洗濯物は室内に干し、カーテンを閉めておくようにしましょう。

 

SNSなどを利用している場合は、自分の不在時を知らせるような書き込みをしないようにしましょう。

 

また、表札や郵便受けに名前を出さないようにしましょう
集合住宅の規定で名前を出さなくてはいけない場合には、苗字だけにしておくとよいでしょう。