家賃は収入の1/3ほどの部屋を選ばなければ、毎月の生活費のやりくりが厳しくなります。

一人暮らしの固定出費

 

一人暮らしをするにあたり、考えなくてはいけないのが「毎月の生活費」です。

 

生活費には「固定費」と「変動費」があり、

  • 「固定費」は、家賃や光熱費など、毎月必ず一定の額を支払わなくてはならないもの
  • 「変動費」は、食費や交際費など毎月変動していく金額の事

を指します。

 

光熱費は使用した量で金額が変わっていきますが、一人暮らしであれば、在宅時間が決まっている為、あまり大きく変動しないので「固定費」として考えてもよいでしょう。

 

変動費は、給料から固定費を差し引いたものでやりくりする事になります。
逆に言えば、固定費を抑える事で変動費を増やしていく事も可能です。

 

一人暮らしの固定費とはいくらくらいかかるものなのでしょうか?

 

 

家賃

一人暮らしにかかる家賃

住んでいる地域や部屋の大きさによって変動してきます。都市部であれば大体7~9万円前後、地方であれば3~6万円前後である事が多いです。

 

大体収入の1/3ほどの家賃の部屋を選びましょう。
それを越えてしまうと、毎月の生活費のやりくりが厳しくなってしまいます。

 

 

光熱費

自宅にいる時間帯の少ない一人暮らしだと、ガス・電気・水道を合わせても毎月1万円ほどで抑える事が出来ます。

 

夏場や冬場など電気を多く使用する時期だと、電気代が2000円ほど上がることも考えられます。
光熱費は日々の節約でもっと抑える事も可能なので、色々工夫してみましょう。

 

 

通信費

通信費は携帯電話代やインターネットの通信費などを指します。
場合によっては集合住宅自体でインターネットが無料で使用できるところもあります。

 

また、携帯電話会社によっては、インターネットのブロバイダと携帯電話の会社をセットにする事で安く出来たり、自宅内でwi-fiを使用することによって通信費を抑える事が出来ますので、色々探してみる事をおすすめします。

 

 

一人暮らしをするデメリットは?