物件を契約するときは、契約内容を良く説明してもらい、入居に関してのルール、家賃の支払い方法、敷金の返還ルールについて、明確にしておくことが大事です。

物件の探し方~契約まで

 

物件検索

物件を探すには、ネットに、多くの比較サイトがありますので、まずは、物件を探す地域や、駅からの距離、部屋の間取りなどの条件に合わせて、家賃の相場を調べましょう。

 

次に、自分が住む予定の地域にある不動産会社と、大手不動産会社の営業所の両方に行き、ネットで調べた相場価格を念頭において、物件情報を探します。

 

 

地元で古くから営業している不動産会社は、地域からの信頼性が厚く、親身になって探してくれる会社が多くあり、大手不動産会社の営業所は、ネットワークが広いので、非常に多くの物件情報を持っていますが、ここでチェックしたいのが、営業担当者の質です。

 

 

こちらの希望条件を丁寧に聞き、理解してくれる、質問にはしっかり答えてくれる
という印象があれば、誠実に物件が見つかるまで付き合ってくれるでしょうし、

 

こちらの希望を理解せず、契約を急がせたりする
ような印象であれば、他の会社を能った方が得策です。

 

 

誠実な担当者に出会い、いくつかの物件を紹介してもらったら下見に行きますが、その際には、下見で確認するべきことを、事前にメモしておきましょう。

 

 

全てをもれなく確認するためには、天候や時間帯を変えて、数回足を運ぶことが必要です。

 

 

下見で確認したいことは、

  • 間取り
  • 水回り
  • 台所の設備
  • 陽当たり
  • 騒音や異臭はないか
  • 日常の買い物をする店はあるか
  • どのような住民がいるのか

などの周囲の環境です。

 

日当たりや、周囲の環境は、時間帯によって変わりますので、別の時間帯にも下見をすることをお勧めします。

 

 

そして、契約前には、壁の汚れ、床の傷、備品の破損や故障がないかどうかを、借主や不動産会社の人の立会いのもとで確認しておきましょう。

 

入居後に発見しても、こちらの過失にされてしまう恐れがあります。

 

契約時には、敷金、礼金が必要な場合もあれば、家賃保証会社への入会が必要な場合もあります。

 

契約内容によく理解できない個所があれば、納得のいくまで説明してもらい、入居に関してのルール、家賃の支払い方法、敷金の返還ルールについて、明確にしておくことが大事です。

 

 

>>一人暮らしをスタートするために揃えたいものはこちら<<