全ての窓やドアなどを二重ロックにする為にも補助錠を使用すると良いでしょう。

便利な防犯グッズ

 

一人暮らしは空き巣などの被害に遭いやすいので、防犯対策はきちんと行うようにしたほうがよいでしょう。ここでは集合住宅でもつける事が出来る便利な防犯グッズをご紹介します。

 

補助錠

ベランダなど外部から空き巣が侵入使用とした場合、開錠に時間がかかるとあきらめて去っていくケースがあります。

 

ベランダだけでなく、全ての窓やドアなどを二重ロックにする為にも「補助錠」を使用するとよいでしょう。補助錠は窓やドアに穴あけなどの加工をしなくても、間単につけられるものが販売されています。

 

 

防犯フィルム

空き巣はベランダなどからガラスを割って入ろうとするパターンが多いです。

 

そのため、ガラスを割ろうとしても割れないようにする「防犯フィルム」を窓に貼っておくとよいでしょう。

 

防犯フィルムは一枚数千円程度で販売されています
業者に頼むと「作業料金」がかかるので高額になりますが、自分で貼る事もできます。

 

 

サムターンカバー

ドアの覗き穴から工具を使ってドアを開錠する「サムターン回し」という手段で侵入する空き巣もいます。この手口を防ぐ為に「サムターンカバー」を覗き穴に取り付けるとよいでしょう。
カバーを取り付けるだけなので、誰でも簡単にできます。

 

 

窓用アラーム

不在時などに窓が開錠された場合、防犯アラームを鳴らすようにする「窓用アラーム」をつけておくと、音に驚いた空き巣が逃げ出す可能性があります。窓用の防犯アラームは安ければ数百円で販売されていますし、取り付けも簡単に行う事が出来ます。

 

 

見守りカメラ

防犯カメラ

元々は高齢者や子供やペットなどの見守りのためのものですが、不在時の部屋の中を外出先からスマートフォンなどを使用して確認する事が出来て便利です。

 

また、帰宅時に家の中を確認してから入る事も出来るので、安心して帰ることができます。

 

 

その部屋大丈夫!?部屋を契約する前にきちんと防犯面をチェックしておきましょう!