「椅子と収納を兼ねている家具」や「横幅をとらないスリムな下駄箱」も狭い部屋を有効活用できます。

狭い部屋を有効活用できる便利グッズ

 

狭い部屋を有効活用するには、幾つか気を配りたいポイントがあります。
覚えておくと空間プロデュースとして役に立つかもしれません。

 

  • 横幅を使わず、高さを利用する。
  • 収納出来る物は収納スペースとして使う(収納アイデア)。
  • ワゴンなどで移動出来る収納アイテムを使う。
  • 1つ2役の家具などをなるべく購入する。

という点を留意して家具選びをすると良いかもしれません。

 

ロフトベッドやソファーベッド、折りたたみ机など、
大きい家具にも気を配ると、無駄にスペースを使わず有効活用が可能になります。

 

⇒狭い部屋を有効活用できる便利な家具はこちら

 

 

そういった大物家具以外にも、
狭い部屋を有効活用できる便利グッズが幾つかあるので紹介すると、
布団圧縮袋や伸縮性ハンガーラック、冷蔵庫ラックがあります。

 

布団圧縮袋

布団圧縮袋は、布団を圧縮することで、
収納のスペースを大きく確保することが可能になります。

 

伸縮性ハンガーラック

伸縮性ハンガーラックは、
低くして使うと、上のスペースを有効利用することができるグッズです。

 

冷蔵庫ラック

冷蔵庫ラックは、冷蔵庫をラックに入れてしまうことで、
上部にも下部にも物を置けるようになるという縦のスペースを有効利用出来るグッズです。

 

 

それ以外にも、

  • 椅子と収納を兼ねている家具
  • 横幅を削り、高さを使うスリムな下駄箱

なども、狭い部屋を有効活用できる便利グッズと言えるかもしれません。

手を出す女性

 

グッズだけでなく、アイデアと工夫次第で、
狭い部屋でも有効活用出来る箇所は幾つかあると思います

 

そういった箇所をうまく見極め、
条件に合った便利グッズを購入するようにしましょう。
是非、様々な組み合わせで有効活用するようチャレンジしてみて下さい。